一般社団法人 川崎市食品衛生協会
KAWASAKI-CITY FOOD HYGIENE ASSOCIATION

地域の食品衛生の向上のための啓発や、自主衛生管理の推進等の事業を行っています。



 

Grn

ホーム ≫ HACCPについて ≫

HACCPについて

HACCPについて

Hazard Analysis and Critical Control Point
 HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒等の危害を未然に防ぐのにすぐれた衛生管理の方法です。食品製造・調理の工程ごとに菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を予測して、原材料の入荷から製品の出荷に至る全行程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。
 この方法は国連の国際食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

 HACCPの詳しいことは
こちらから((公社)日本食品衛生協会ホームページ)

HACCPの制度化について

 平成30年6月13日、15年ぶりとなる食品衛生法の改正(厚生労働省ホームページ)が公布されました。
 改正された内容は、「広域に及ぶ食中毒への対策強化」、「営業届出制度の創設と営業許可制度の見直し」など7項目ありますが、その中で原則として全ての食品事業者(食品の製造・加工、調理、販売等)に対して、一般的衛生管理に加え、「HACCPに沿った衛生管理」の実施を求めています。
 ただし、小規模な事業者等については、無理なく実施できるように、業界団体が作成した業種ごとの「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書」(厚生労働省ホームページ)に基づいて実施すればよいとされています。
 なお、制度化は公布から2年以内に施行され、さらに1年間の猶予期間が設けられています。今から準備をしましょう。

「HACCPの制度化」については、詳しくはこちら(厚生労働省ホームぺージ)をご覧ください。

HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書

 食品事業者がHACCPに沿った衛生管理を無理なく導入することが出来るよう、食品関係団体が作成し、「食品衛生管理に関する技術検討会」で内容を確認した業種別手引書が厚生労働省ホームページで公開されています。

食品等事業者団体が作成した業種別手引書(厚生労働省ホームページ)

 

HACCP制度化に関係する主な情報(リンク集)

○公益社団法人日本食品衛生協会ホームページ
 ・HACCPに関する研修会のご案内
 ・HACCPによる衛生管理とは
 ・HACCP導入のための指導・助言
 ・HACCP普及指導員
 ・コーデックス(食品の国際規格)
○川崎市ホームページ
 ・HACCPについて
○厚生労働省ホームページ
 ・HACCPについて
 ・食品衛生法改正について
 ・HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化について
 ・食品衛生管理に関する技術検討会
  ・HACCPに基づく衛生管理の手引書(一覧)
  ・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書(一覧)
  ・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書(小規模一般飲食店事業者向け)
 ・HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A
 ・HACCP(ハサップ)チャレンジ事業
 ・HACCP導入のための参考情報(リーフレット・手引書・動画)
 ・食品の営業規制に関する検討会
○農林水産省ホームページ
 ・HACCP支援法(食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法)
○一般財団法人 食品産業ホームページ
 ・HACCP情報関連データベース
一般社団法人 川崎市食品衛生協会
TEL/044-511-3133
営業時間/10:00~16:00
定休日/土曜・日曜・祝祭日 協会概要

モバイルサイト

一般社団法人 川崎市食品衛生協会スマホサイトQRコード

一般社団法人 川崎市食品衛生協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!